仕入れ 転職。 用地仕入の転職・求人情報

仕入れ・バイヤーの転職・求人情報一覧|選ばれた人だけのハイクラス転職サイト【ビズリーチ】

仕入れ 転職

Contents• 用地仕入れ営業の仕事内容 用地仕入れとは、 不動産会社が販売するための土地を仕入れる仕事で、仕入れた土地は建売住宅やアパート・マンションを建てるなどして運用されます。 用地仕入れ営業の仕事の流れ 用地仕入れ営業の一般的な仕事の流れは以下の通りです。 情報収集 地主さんや不動産会社から• 現地調査• 用地仕入れ 用地仕入れ営業では、最初に 地主さんや不動産会社を相手によい土地はないか情報収集を行います。 土地は採算が取れれば造成工事することもあるため、 現時点では価値のない土地でも造成することで魅力的な土地に造ることもあります。 そうしたことを前提に情報収集や現地調査を繰り返し、いざよい土地が見つかったら地主や不動産会社と売買契約を締結し、土地を仕入れます。 なお、土地だけでなく、マンションや一戸建てを仕入れてリノベーションしたり、建物を解体して再建築したりするケースもあります。 用地仕入れ営業の仕事の魅力、やりがい 用地仕入れは、不動産会社の仕事の入り口にあたる部分です。 ここがうまく行けば、不動産を販売する部門は楽をすることができますし、会社も大きく利益を伸ばすことができます。 一方で、ローンを組んで土地を仕入れたような場合、 長く売れなければ資金がショートしてしまう可能性もあります。 多額のお金を使って土地を仕入れる、いわば 会社経営に近い仕事で、プレッシャーもありますがその分やりがいも大きいでしょう。 用地仕入れ営業の仕事のたいへんなところ 用地仕入れ営業は、仕入れる土地の規模が大きい場合は複数の地権者が絡み合うため、 権利問題等にも十分注意しなければなりなせん。 それだけ法律的な知識や経験が必要とされますし、場合によっては「数千万円~数億円で仕入れた土地が活用できない」といったことも有り得ます。 先述の通り、取り扱う土地によっては 非常に大きなプレッシャーがかかることでしょう。 とはいえ、入社間もないことからそのような大きな物件の取り扱いを任されることは基本的にはありません。 小さな不動産会社だと、社長自ら用地仕入れを担当したり、営業責任者が販売と兼務して用地仕入れに取り組んでいたりするケースもあります。 用地仕入れ営業になるには 用地仕入れ営業になるには特別な知識や経験が必要なのでしょうか? 用地仕入れ営業に必要な資格、スキル、知識、経験 用地仕入れ営業は不動産に関する全般的な知識が求められますが、 未経験からの入社も可能です。 入社前から不動産知識や建築の知識があると仕事に活かすことができますが、なくとも仕事をしながら覚えていけます。 会社によっては、過去の 開発経験や用地仕入れに関するコンサル会社勤務経験などを求める場合もあります。 用地仕入れ営業に向いている人 用地仕入れ営業に向いている人としては、 会社経営感覚のある人だと言えます。 用地仕入れは「 いくらで仕入れて、造成にどのくらいの費用をかけ、いくらで売る」といった計算を行っていく必要があるからです。 商売の基本ではありますが、不動産の場合、動く金額が大きいためより緻密に計画を立てていく必要があるでしょう。 その他、「不動産が好きな人」等も用地仕入れ営業に向いていると言えます。 用地仕入れ営業の働き方 用地仕入れ営業はどのくらいお給料が貰え、また休日や残業はどのようになっているのでしょうか。 用地仕入れ営業の給与、平均年収 DODAの平均年収ランキング によると、ディベロッパーの平均年収は 454万円となっています。 売買仲介営業など 他の不動産系の職種と比べて高めの平均年収となっていますが、高水準の不動産知識が求められることが要因だと言えるでしょう。 なお、大企業、中小企業、有名企業に分類した時の入社時の月給を調べてみると、以下のようになりました。 大企業…30~40万円• 中小企業…20~30万円• 有名企業…25~35万円 用地仕入れ営業の勤務時間、残業、休日 用地仕入れ営業は個人のお客様相手の仕事ではないため、 不動産営業としては珍しく土日お休みが基本です。 用地仕入れの交渉は長期間かけて行っていくことが多く、売買契約の前後では忙しくなりますが、それ以外の時期の残業は多くないのが一般的です。 不動産営業には珍しい土日休みのお仕事 用地仕入れ営業は、 不動産会社の仕事全体の入り口にあたる非常に重要な仕事で、やりがいは大きいと言えます。 一方で、個人のお客様を相手にする仕事ではないため、不動産営業職としては珍しく土日休みの会社が多くなっています。

次の

仕入れ・バイヤーの転職情報:求人・転職はマイナビ転職エージェントサーチ

仕入れ 転職

目次 1,メルカリについて メルカリとは無料で使えるフリマアプリです。 メルカリ自体を知らない人は少ないかと思いますが、実際に副業として稼いでいる人はまだまだ少数です。 それでも中にはメルカリを使った転売だけで、 「月20万円」「月50万円」と副業の枠を超えて本業並に稼ぐ人が増えてきています。 メルカリは過去のヤフオクに似ている・・・ 私も数年前、ヤフオクを使って副業をして稼いでいた時期がありました。 ちょうど今のネットショップを運営する前で、同じようにメンズアパレルをヤフオク内で販売して、月に 40万円くらい稼いでいた実績があります。 今でこそヤフオクは低迷していますが、当時は商品を出品するだけで売れる状態でした。 次から次へと仕入れサイトから商品を仕入れて、それをヤフオクでオークション販売していました。 メルカリはオークション形式ではありませんが、現在知名度が高まっており、 昔のヤフオクのような状態にあると思います。 たくさんの人が使っているので、物を販売すれば売れやすいのは間違いありません。 常にネット上で仕入れられるような状況を作っておけば、それを横流ししていれば、利益を抜く事ができます。 反対にやってはいけないのが、単発で商品を売ること。 例えば自分の私物をメルカリで売る場合ですが、1点物なので1つ売ったら販売終了となってしまいます。 次々に売れるものがあれば良いですが、1つ1つ商品画像を作って、商品説明文を作成しなくてはいけません。 これって手間が掛かるし、安定的な収入には繋がりませんよね。 仕入先を確保する事により、無駄な手間がなく利益が入る仕組みを確立できます。 まずは仕入れサイトに登録してみよう! 「ネッシー」は無料登録するだけで使えます。 開業前の個人でも使えるので非常にオススメ。 まだメルカリで売りたい商品が決まっていないのであれば、仕入れサイトを見て、どんな商品が販売されているのかチェックしてみましょう! オススメ仕入れサイト3選・ (日本最大級の仕入れサイト。 ) ・ (今後拡大が予想される仕入れサイト) ・ (「美容」「雑貨」「健康系」が強い仕入れサイト) オススメ仕入れサイト1:ネッシー ネットショッピングを運営するなら、 「ネッシー」での仕入れをオススメします。 業界最大手で、ジャンルを問わず様々な商品を仕入れることが可能です。 費用は一切掛からず、開業前でも使えるのが嬉しいですね。 無料会員登録すれば、商品の仕入れ価格が見れるようになります。 ・ オススメ仕入れサイト2:TOPWHOLE(トップホール) 「トップホール」は、ファッション専門の仕入れサイト。 韓国系ファッションやアクセサリなど、トレンド品を安く仕入れる事が可能です。 どんどん仕入れられる商品数も増えているので登録必須です。 ・ オススメ仕入れサイト3:卸の達人 「卸の達人」とは、「美容」「雑貨」「健康系」の商材を取り扱う仕入れサイトです。 テレビやネットで話題の商品を始め、他の仕入れサイトでは手に入らない商品を仕入れる事が可能です。 話題性のある商材は、早く取り扱えば、ネット上で一気に売上を伸ばせます。 しかし初期段階であれば、1点物を仕入れて販売して、コツや容量を掴むのもOKです。 続いては仕入れサイト以外での、仕入先をご紹介します。 私も仕入れサイトを利用する前は、こういったチャネルを使い仕入れを行っていました。 古着屋、中古ショップからの仕入れ 近所の古着屋や、中古ショップなどは意外とオススメです。 中にはブランド品でも、状態が良く安価な価格帯で販売されているものがあります。 そういった商品を購入してメルカリで転売すれば、利益を得られます。 余談になりますが、私の知っている経営者の方は、当時古着屋で大人買い(ここからここまで下さいといった感じ)をして、それをすべてヤフオクで販売していました。 月に100万以上稼がれていましたが、凄いことですよね。 古着を転売する時は、古着サイトがオススメです。 ベクトルには古着が激安価格で販売されているので、仕入れにも使えます。 【公式サイトはコチラ】 古着屋さんにはお宝が一杯 古着屋に売っている商品って、結構個性的なものがあるんですよね。 ネット上では販売されていないようなデザインも多く、そういった商品は値段がある程度高くても売れる傾向があります。 他にも有名ブランドが低価格で販売されているのもザラにあります。 色々な古着ショップを回ると、お宝がたくさん見つかりますよ! 激安ショップからの仕入れ 他にも近所の激安ショップから仕入れるのもオススメ。 私の場合はアパレル系だったので、「しまむら」などの商品が意外と売れました。 近所の雑貨屋さんや輸入商品を扱っているようなショップでもOKです。 とにかく値段が安く、メルカリで転売しても売れそうな商品を見つけてください。 アマゾンやヤフオクからの仕入れ アマゾンやヤフオクなどネット上には激安で商品が販売されています。 商品によっては、仕入れサイトよりも低価格で販売されていることもありますね。 アマゾンやヤフーには数千万単位の商品が販売されており、国内外のアイテムがボタン1つで手に入ります。 これだけの商品数があれば、メルカリ内で他の出品者と被る恐れも少ないので、安心して販売できますね。 海外買い付け メルカリを通して売上が伸びてきたなら、海外買い付けも視野に入れてもいいかもしれません。 中国や韓国には、それこそ問屋街が多く存在するので、激安な商品をたくさん仕入れられます。 海外買い付けをするとなると、それに伴う交通費や商品を送る運賃などが費用として掛かります。 余程の売上が無い限りは、赤字になる可能性が高いのでオススメしません。 見本市・展示会に足を運ぶ シーズンごとに見本市や展示会が都心部では開かれています。 地方では開かれませんが、東京や大阪では頻繁にやってますね。 こういった場所に足を運び、仕入れ商品を探すのも1つの方法です。 これらは卸会社が小売業者に向けて行うイベントで、そこから新しい仕入先を開拓していけます。 1つの会場に数十社集まっていることがほとんどで、一気にたくさんの仕入先の話を聞くことが出来ます。 見本市であれば「ジェトロ」に情報が載っていますので、確認してみるといいかもしれませんね。 アパレル系の展示会であれば「ファッションワールド」などは私も実際に行ってました。 一応日本で最大のファッション総合展と言われています。 色々なジャンルの展示会であれば、「東京インターナショナル・ギフト・ショー」も外せません。 5,仕入れる時に注意すべきポイント 転売で稼ぐ時に大切なのは、仕入額と販売額からいかに利益を抜くかです。 仕入れる時に注意するポイントは、「高単価」「利益率」の 2点です。 単価が高い、利益率が高い商品を選ぶ 【良い例1】販売額10000円ー仕入れ額1000円=利益9000円 このように単価が大きく、利益も大きく抜けるものを販売するようにして下さい。 これだけの利益率があれば、仮に在庫が売れ残っても赤時になるリスクを抑えられます。 定期的に仕入れられるものを選ぶ 自分の持ち物や中古ショップからの転売だと、どうしても単発的な販売になってしまいます。 先ほども申しましたが、メルカリ転売で安定的な収入を得るためには、常に供給できる商品を選ぶこと。 メーカー側が定番商品として取り扱っているものであれば、「売れたら仕入れる」という流れを作る事ができます。 ニッチな商品とは言い方を変えると、少しマニアックな物。 他での取り扱いが少なかったり、珍しい商品のことですね。 こういった商品は競合が少ないので、個人販売でもまだまだ成功のチャンスを秘めています。 反対にマス、つまり一般的に人気の商品は、すでに大手や特定の販売者が市場を独占している傾向があるため、個人が新規で参入するのが難しいです。 ジャンルを固める ネットショップやオークションも同じですが、ジャンルを決めず、どんな商品でも販売するのはオススメしません。 「この人はこういった商品を売っている」というのが明確に意識付けできるように、ジャンルを絞って販売するのがオススメです。 関連した商品の取り扱いが多ければ多いほど、商品同士での相乗効果が期待できます。 そのためには「メンズアパレル」「レディースアパレル」というように、ジャンルを固める必要があります。 メルカリ転売の初期段階であれば、色々な商品を販売してみて、何が売れるのか市場調査を行ってみるのはOKです。 最終的にジャンルを絞ればいいという事です。 仕入先は常に開拓しよう! メルカリやネットショップを使って稼ぎ続けるためには、常に新しい仕入先を開拓し続ける必要があります。 同じ商品や似た商品ばかり販売していると、売上がどこかで頭打ちとなります。 常にアンテナを張って、良い仕入先がないのかチェックしておきましょう。 6,メルカリで売れる商品とは? 続いては、 メルカリで売れる商品についてご紹介します。 メルカリ販売でオススメの商品は以下の5つです。

次の

株式会社エスケーホーム|不動産企画・用地仕入れ (求人番号: 77069) の求人・転職情報

仕入れ 転職

仕入れとは何か マンションデベロッパーにとっての仕入れの対象は、マンションを建てるための土地のことを指します。 つまり 仕入れとは土地の仕入れのことで、採算が取れるマンション用地の売地情報を集め、購入することが業務となります。 土地の仕入れでその物件が売れるかどうかが決まると言っていいほど大切な仕事です。 なぜなら、仕入れの段階で立地や環境は決まっていますし、土地の価格によってマンションの販売価格もおおよそ決まってきます。 どんなに建物のグレードを良くしたところで、仕入れの段階で決まる立地・環境・価格の影響で、マンションの売れ行きが左右されてしまうのです。 他にもマンションデベロッパーには企画担当、建築担当、販売担当など会社によっていろいろな担当がいます。 それぞれ会社によって役割の範囲が微妙に違ったりします。 土地の仕入れなのね。 どんな業務内容か マンションデベロッパーによってどのような業務をするかは違ってはくるでしょうが、売地の情報を集めることが基本となります。 そのため、情報源となる不動産会社等から情報を集めます。 その中から、マンション用地として最適なものを探します。 場所、環境、価格など総合的に判断し、収支を組みます。 例えば、ある土地があったとして、ここにはどのくらいの建物が建つのかを簡単に想定(3LDKが30戸の建物がなど)、1戸いくらで売れるのか相場を調べ、てマンション全体での売上を想定します。 この売上予想から建築費や販売経費、税金などを差し引き土地代にいくら支払えるのかを判断します。 実際の売値と、支払える金額(終始に合う金額)とを比べ割に合うのであれば購入へかじをきります。 買うことが決まれば契約に向けての業務へと進んでいきます。 このあたりから会社によっては別のチームへ引き継ぐこともあります。 仕入れ担当の共通の業務といえば以上のものとなります。 どんなところから情報を集めるのか 売り物件の情報はいくつかのルートがあります。 仕入れ担当は下で紹介する情報源から情報を集め、場所を確認し、収支を計算し、事業になりそうなものを購入していきます。 銀行や信託銀行などの金融機関 金融機関にも不動産部門があります。 お金が集まるところには不動産も情報も集まります。 法人などの大きな物件、入札案件などを扱うことも多いです。 不動産会社 不動産仲介会社には売却不動産の情報がよく集まります。 多くの場合、不動産仲介会社からの情報をもとに土地の仕入れを行うことになります。 大手の不動産仲介会社から街の不動産屋まで情報を扱っています。 大手不動産会社は法人所有の物件や大きな物件を取り扱っていることも多く、街の不動産屋は地元の地主さんの物件を扱っていることが多いです。 物件の情報量としては大手不動産会社の方が多いかもしれませんが、街の不動産屋は地主さんとの太い関係性が大きなメリット。 どちらがいいとかではなく、それぞれ持っている情報が違ったり売り主との関係性も違うのでどちらも重要です。 税理士事務所や不動産コンサル会社など 不動産を所有している人は専門家に相談することが多いです。 そのため、特に税理士事務所や不動産コンサル会社などには、不動産の情報が集まる傾向にあります。 不動産所有者からの相談に対しメリットのある方法をアドバイスすることで売却物件を作る立場といっていいかもしれません。 土地所有者 土地を売りたいかどうかは、土地を所有している地主さんに聞くのが一番手っ取り早いともいえます。 ですが、突然連絡し「土地を売りませんか?」などと聞いても相手は嫌な感情を持ってしまうでしょう。 土地所有者はこういった問い合わせを嫌になるくらい受けているので、何者かわからない人からそんなことを言われることに飽き飽きしています。 ですので、土地所有者から直接話を聞くには人間関係を構築する必要があるのです。 確実に売り物件になるだろう案件がすぐそこにある代わりに、それが実際に売りに出されるようになるには非常に時間がかかり、売りに出るとき地主さんから声をかけてくれるかは人間関係によるということ。 近いようで遠い情報源といえます。 また、別のケースとしてはと土地の所有者から、「この土地を売りたいが買わないか?」という問い合わせを受けることもあります。 この場合は、比較的短期間のうちに土地を売る意思もあるので棚ぼた的情報となります。 このケースでは等価交換の相談もあったりします。 設計事務所や建設会社 マンションを建てるということは、設計し建築をするということです。 そのため、その仕事をもらえるよう設計事務所や建設会社もマンションデベロッパーに対し土地情報の持ち込みをします。 要は情報を渡す代わりに、この土地を買えたら仕事くださいということです。

次の